身土不二

 トップページ >  時事エッセイ >  「スローフード」

 このページでは身土不二.comの砂金が書いた時事エッセイを紹介しています。

「スローフード」

 最近私の目に飛び込んできた言葉のうち、一番気に入ったことばです。

 「ファストフード」全盛の中で、これでいいのだろうかと思っているところへその対抗軸のように姿を現したことばなので、すんなり私の中に住みついてしまいました。

 「スローフード」このことばは、つくることの価値とその中での発見の楽しみ、真の暮らしの豊かさを表現しているように思います。旬の楽しみ方や素材への想いや伝承の技への尊敬などが伝わってきます。そこには、それぞれの郷土につたわる農と食を愛し、その知恵を学び愉しむ心根が輝いているように思います。だれも、食という営みを欠いては生命を維持できません。そして、食は農を欠いては、維持できません。農作物は、土と水を食べ、太陽と空気に元気をもらって育ちます。

 これから、私なりにスローフードへの想いを一つ一つ綴っていきたいと思います。

2001年3月5日(月)

前のページ  ページの最初 トップページ 問い合わせ