身土不二

 トップページ >  時事エッセイ >  「商い」って何?

「商い」って何?

 人々のライフスタイルの変化に着眼して、24時間営業の業態で、低価格路線でなく「色々な便利さ」を売ってきたコンビニエンスストアも、コンビニ同士の競争激化や24時間営業の弁当屋やスーパーの出現で、過当競争気味となってきました。

 そこへ「泣きっ面にハチ!」で、ファーストフード店の安売り攻勢によって「おにぎり」の価格に象徴されるごとく、ついに低価格競争に追い込まれてきています。コンビニもいよいよ本格的な淘汰の時代に入ってきました。

 価格破壊だの、消費者の味方だの、と大宣伝して低価格路線を突っ走り、挙句の果ては自らの経営破壊をしてしまった大スーパーがあります。後ろ楯となった罪深い大銀行もいるはずです。 周辺の中小商店は、その低価格路線の影響を少なからず受けて、店を閉じてしまいました。競争に敗れて、倒産したライバルの中堅スーパーもあります。その取引先の中には、売り掛け金(債権)を焦げ付かせて、連鎖倒産したところもでています。

 価格破壊は、多くの失業者を生み出し、購買力を低下させました。警鐘を鳴らすことをせずに、もてはやしたマスコミも罪が深いと思います。

 低価格一辺倒の販売戦略は、差別化を価格のみにおいた、あまりにも力づくに過ぎる商法だと思います。薄利多売という商法は、無駄なコストを削減した好ましい商法として捉えられてきましたが、反面でライバルとのコスト削減競争が激化するに伴って、巨大な販売力にものをいわせた価格決定権の掌握によって、仕入先である「物つくりの人々」に多大の犠牲を強いる方向に舵取りしてきました。物つくりの誇りを奪うようなことをしてきたのではないのでしょうか。

 ゴミにするよりはマシという「捨て値処分」や「リサイクル的処分」の安値品の存在はわかりますが、「売値、先にありき」の物つくりの人々へのしわ寄せ商法は疑問が残ります。

 ただ低価格競争は、今なお進行中であり、多くの消費者の生産物に対する価値感覚を価格面から狂わせ続けているようです。

 商人であると同時に消費者の一員でもある私は、不必要なものの購入やCMに踊らされた買い物は控えながら、価値あるものには価値相応の価格で購入するという購買行動に磨きをかけていきたいと考えています。

 リサイクル品のいわば物々交換市場と手間ひまかけ心を込めた生産物市場は、はっきりと区別して使い分ける知恵と感覚が消費者と商人には要求されているように思います。一人一人に真に豊かな生活とは何かを探求する心と購買行動が求められているのだと思います。

 それでも供給過剰商品は、売れ残りを避けるためにじわじわと値を下げていきます。これが市場の法則というものです。まがい品やもどき品、または代替品がそれを加速することもあります。

 だからこそ、買う側に商品の価値の判別力が求められています。判別力に自信のない人は、ブランドを信じるか、または人(店)を信用して買えばいいのです。そこでは、対話を通して、農工の物つくりや商人と消費者の間の信頼感とパートナーシップが成立しています。

 不況が長引いている今日は、さらに厄介なことに「ユニクロ化」全盛時代に突入しました。衣の分野から食の分野へと開発輸入品は勢いづいた広がりを見せています。 危機感を募らせた国内産地の声に押されて、不十分ではありますが、ついにセーフガードの発動をみました。マスコミは、セーフガードは「生産者のエゴ」と描いて見せ、消費者との対立を煽っています。

 なぜ安く出来るのか?必要な技術は持ち込まれ、教え込まれた上で、途上国における作り手の人々の生活レベルが低く留められているからです。生活水準の大きな格差がそのまま大きな価格の開きとなってそのまま現れるのです。立場を逆にして、日本もいつか歩んできた道ではありますが・・・。

 しかし、農産物のユニクロ化についていえば、海外産地の使い捨て的「開発輸入」だとするとその罪は相当大きいものとなるに違いありません。なにせ日本の商社は、かつて「森喰い虫」と呼ばれた不名誉な呼称でわかるように資源破壊の猛者であり常連だからです。連作障害による土の心配や換金作物に生産がシフトしてしまうことによる現地の人々の食生活への影響の心配は杞憂にすぎないのでしょうか?TV報道によれば、すでに行き先のない規格外品の山がうずたかく積まれていましたが・・・。

 商いとは、社会の中のどんな人々のどんなニーズに対して、何を売るのか?他店とどこで差別化するのか?商人として、何故その品物を扱いたいのか?そこには、思い入れもあれば、惚れこみもあります。価値をどこにみつけたのかという商人一人一人の独自の美学があったはずです。

 使い捨て浪費生活とカード社会・サラ金ローン地獄に買い支えられた一見華やかな消費社会。 CMで欲望を刺激し、目玉商品を品揃えした大型量販店は、手段を選ばず、なりふり構わぬ低価格商法で、消費者の個性も商人の美学も店も踏みつぶしてしまったのです。

 多様な価値観が混在する中での自由競争なのだから、何でもありだといえばそれまでです。つまり、弱肉強食の世界だからです。独占禁止法などで不当廉売や誇大広告などは禁じられているはずですが、タテマエと現実のギャップは相当大きいから、勝てば官軍の戦いです。企業秘密の壁を設けることもできるから、ベールに包まれた壁の中では何が行なわれているかは知る由もないのです。食品で言えば、保存料・着色料などタップリの添加物や嘘表示や紛らわしい表示シールなどなどです。

 大型店を歓迎し、安さと便利さを買ったはずだった消費者は、地元の商店が消えたことにより専門店の知恵とサービスを失い、添加物タップリの食品群により健康不安を募らされ、身体の変調が現れれば医療費問題にも悩まされ、消費は美徳と踊らされた結果のゴミ問題では処分費をつきつけられ、こんなはずでなかったと首をかしげ始めています。安さと便利さのつけは、形を変えて後からズシリとやってきているのです。

 私自身、小さな陶器商人の息子として生まれ、今は小さな米屋をしていますが、今日つくづく思うのは「どこにでもある商品の品揃えでは、とても生き残れない」つまり、仕入れが命!仕入れが商いの生命線という緊張感を伴った実感です。農と工とを問わず、物つくりの技の職人達とのパートナーシップなくしては店の存在はおぼつかないのです。

 農工の分野を問わず、技を有する誇り高き物つくりの人たちの考えも聴いてみなければならないですが、自分で販路を切り拓く人もいるでしょうが、必ず中には販売の為のパートナーを必要とする人たちもいると思います。遺伝子の影響からか、それとも生まれ育つ環境の中で身につけたものかは判りませんが、人には十人十色の向き不向きの性格がいつのまにか形成されています、実に多様な個性が彩り豊かに存在しているのだから、バラエティーに富んだ愉快なパートナーシップがあっていいと思います。

 私は、近頃、一人は一人前分の仕事しかできないのだということをつくづく実感しています。家族経営同士の運命共同体的な、同志的なパートナー分業と労働思想こそが、人間らしさを保証してくれるような気がしています。 農家や商店の人たちからは、「かあちゃんが頑張ってくれているので何とかやっていけている。」とか「二人三脚」という言葉をよく耳にすることがあります。顔と心と労働の見える関係の復活こそが、人間らしい豊かさのある生活への近道のような気がしています。

2001年05月28日(月)

前のページ  ページの最初 トップページ 問い合わせ