身土不二

 トップページ >  時事エッセイ >  業界第二位の大手食肉会社、お前もか?でいいのだろうか???

業界第二位の大手食肉会社、お前もか?でいいのだろうか???

 雪印食品に続いて、業界第二位の大手食肉会社も、牛・豚・鶏肉の偽装表示をしていたことが発覚した。やはり、予想通りだ。ただ腑に落ちないのは、同社が最初は偽装工作はパックセンター長の指示と発表して、後から部下の製造リーダーの独断でやったことだと見解を変更したことだ。みえみえとはこのことだと思う。でも、どういうわけか、マスコミさんたちはあいかわらず、発表ジャーナリズムに終始していて、鋭い追及はみられない。 業界第二位の大手食肉会社の態度は、まさに臭いものにフタの姿勢だ。「一部社員のゆがんだ愛社精神の為したこと」と描きたいのだろう。「会社を救うためには、製造リーダーに生贄になって欲しい」ということなのだろう。 でも、こういう国民を馬鹿にした態度で切りぬけられると思ったら甘いのではないか。

 本来は、なぜそのような偽装工作という行動に走ったのかをその経過をざっくばらんに正直に語ることこそがたとえそれが棘の道であっても消費者国民の信頼を回復するもっとも近道なのに、どうして底無し泥沼の道を選ぶのだろうか。

 業界第二位の大手食肉会社の商品を売り場から排除する動きが大手スーパーなどの量販店に広がりつつあるようだが、ここはちょっとよく考えてみる必要があると思う。なぜ、雪印食品や業界第二位の大手食肉会社が日常的に偽装工作をしていたのか?そこには、量販店側の無理な低価格での納品の注文はなかったのだろうか?末端の価格競争は、織り込みチラシなどでしのぎを削っているわけだし、「価格破壊」を旗印にして後に経営破壊に陥ったはた迷惑千万な大手スーパーなどとの競争もあったわけだから、適正マージンを確保できない無理難題ともいえる低価格での納品競争を強いられていた筈だ。そこに、偽表示が横行する温床があるのだ。利潤追求をする会社としては、悪知恵を働かせて利益を上げる偽装表示をする道に踏み込んでいくことになるのだ。その結果、正直者が市場からの退場を迫られてきたのだ。このように市場での競争を一面的に価格競争に矮小化してきた量販店の責任をはっきりさせて、その構造にこそ、偽装が業界に蔓延した遠因があるという指摘がいまこそ必要なのではないのか。

 マスコミ諸君は、あまりにも鈍感すぎるように思う。松阪牛や魚沼コシヒカリのような生産量がきわめて限られているはずの高級ブランドの品が、全国各地のどこへ行っても売られており、しかも高級ブランドにはありえないはずの安売り価格さえ横行していたはずだ。つまり、ずっと以前から偽装表示は、日常茶飯事だったのだ。なぜそれを構造的に解明し、追及する取材がマスコミによって行われなかったのだろうか?マスコミのスポンサーに対する遠慮はなかったといいきれるだろうか?

 今の状況は、業界もマスコミも、実態は偽装は蔓延しているのにまだ特殊な事件だとして描こうとあがいているようにみえてしょうがない。

 それは、BSEがらみで雪印食品以外にも「期限切れ牛肉」などを国に買い取らせようとした業者がいたことが発覚したという報道があったが、その事実関係公表の仕方の扱われ方にも、何か釈然としないものが見え隠れしている。つまり、疑惑は6団体中3団体に及び、かつ農水省は業者名の公表には難色を示しているというからだ。両者に共通しているのは、一部の人の勇み足でおきた問題とすることで、無理な価格競争のあげく生じているという構造的な問題を指摘するのを避けようとしていることだ。そこに触れなければ、業界の体質改善は望むべくもない。今後は、よりばれないように、狡賢く立ち回ることができる者が勝者となるということだ。 官民が癒着していれば、こんどは、より上手に法の網を潜り抜けられるように合法的な道を用意することもできるわけだから。

 ここまで書いたとき、全農チキンフーズの偽装も発覚した。お詫び会見は、従来通りの、型通りの説明だった。「BSE問題で鶏肉需要が急増して、納入先である生協に欠品させることを恐れて担当者たちがやってしまった」という説明だ。

 ここでも、経済記事を書きなれているはずの記者諸君がどういうわけか、発表ジャーナリズムにまたまた終始している。需要と供給のバランスが需要の増大が原因で崩れれば、価格が高騰するのは中学生の教科書にも載っていることである。生協の側も今回のような突発的な事件などがきっかけで購入量が膨張したら価格が高騰することくらい理解する筈だ。価格が高騰すれば、買うのをためらう消費者も出てきて需給はバランスするのだ。 ところが今回のように、高騰したのを格好のビジネスチャンスととらえて、偽装表示で輸入の低価格品を高価格の産直ブランド品と偽って販売すれば、利幅も数量も大きいのだからボロ儲けとなるわけなのだ。ニセ表示によって儲けを生み出すのは、食品業界に染み付いた体質になっているのだ。

 そもそも、日本の農家・農協の総本山である筈の「全農」のお膝元でこの事件が発生した意味はきわめて大きい。日本の農業に責任を持つ筈の全農はもはや利益を至上目的にした一介の商社に成り下がってしまったのか?儲かれば何でも扱うのか?全農が輸入飼料だけでなく、なぜ輸入農産品まで扱っているのか?はからずもその体質を国民の前に露呈した事件として、しっかりと国民の記憶に刻み付けられなければならない。 つまり、農畜産物の生産現場から離れてしまった農協の職員の体質からは、食糧自給率の向上など日本の国民のいのちと健康の糧の生産振興を担っているという誇りや情熱は失せてしまっているのではないのか?という疑問を抱かせた事件である。農協という組織の存続を自己目的化するのでなく、農協は日本に農業が元気に存続していくことにしっかりと目的を定めて粉骨砕身努力して欲しいと願う。

2002年03月06日(水)

前のページ  ページの最初 トップページ 問い合わせ